ブログBLOG

体がかゆ~い!!原因って何? お薬ぬってもよくならない場合は?

今日は皮膚科のお話です。 当院も皮膚科をかかげているのでたまには「皮膚のお話」もしなくてはいけません。 さて、 体が痒い!!かゆすぎる!! 皮膚科で軟膏もらったけれどこれでいいの??原因は? っていう風に困ること多いですよね。 症状別に原因を見ていきましょう。 ①まず、足を中心に体全体が痒い。 これはほとんどが乾燥によるもの。 それに交じってアトピー性皮膚炎があります。 保湿剤をたっぷり塗るとよく...

にきびを甘く見てはいけません。にきび専用外用薬があります!

今日は「にきび」の話です。 マスクをつけているとむせたり、汗をかいたり、あるいはこすれたりで にきびができやすくなります。 <にきびは皮膚科?> いえ、違います。もちろん皮膚科に行ってもいいですが、 にきびで使う薬は限られており、しっかり診断できれば 皮膚科に行かなくてもにきび診療をしているところであれば大丈夫。 <たかが、にきびと思うなかれ!> 小学校6年生の女の子の6割ににきびがあり、高校生に...

肝斑治療は保険診療になりません。ご注意を!

女性のお顔にできる小さなシミとして「肝斑」が有名です。 夏に濃くなり、冬に薄くなります。 上まぶたと下まぶたにはできないのが特徴です。 ご高齢になると「老人性色素斑」という似たような病気があります。 女性の場合、その「肝斑」に対してとても気にして来院されます。 肝斑治療に以前から トラネキサム酸と ビタミンC の二つが有効だといわれております。 確かに診療していても効果があるなあと実感します。 し...

皮膚も診ます!!(ついでに皮膚も相談してみましょう)

そういえば、お気づきでない方のために 当院では「皮膚」診ております。 皮膚におこる一般的な病気のほとんどが当院で治療できます。 皮膚科単独ではなく、内科的な病気を隠れている場合がございますので 幅広く診療をカバーする当院に是非お任せください。 例えば当院で診療可能な皮膚疾患については *湿疹 *蕁麻疹 *アトピー性皮膚炎 *あせも *みずいぼ *おむつ皮膚炎 *にきび *足の胼胝、うおのめ *脂漏...

とびひは登園登校可能です!

夏は「とびひ」が多くなります。爪でかきむしってしまう小さなお子さんはすぐにとびひになります。 とびひは登園できないと今まで言われてきておりました。 しかし、本当は登園、登校可能なんです。 日本皮膚科学会からもアナウンスが出ております。 「とびひになっている部分が絆創膏とかガーゼで覆われていれば登園可能です」 皮膚接触でうつりますので皮膚を触らないことがポイントです。 となると服の下にできたとびひな...

水いぼ 取るの?取らないの?

夏になると多くなる相談が「みずいぼ」。小さな丸いボツボツで正式には「伝染性軟属腫」といいます。 軟膏を塗っても治らないし、あちこち増えてくることもあります。 保育園や幼稚園で「みずいぼらしきものがあるから、病院へ行ってといわれた」 「これがあるとプールに入れてくれない」{どんどん増えてきた」ということで受診されます。 預ける園によっても対応が違うところです。 病院側も対応がまちまちですぐに摘出する...

日焼け止めを最大限にうまく使うコツ

まだまだ梅雨が明けませんが、今回は日焼け止めのお話しです。 たけファミは6月から皮膚科も標榜しましたから、ここらあたりで皮膚科のお話しをしなくてはいけません。 私が小さいころは子どもは外で遊んで真っ黒に日焼けするのが健康的みたいな感じでしたが、 時代は変わり、今は子供のうちからしっかり紫外線ケア。いいことですね! そんな中で日焼け止めを選ぶうえで気になるのがSPFという数字。 SPFが高ければ高い...

あせも予防にもしっかり保湿!

暑い時期になると皮膚疾患が増えます。その代表が「あせも。医学的には汗疹といいます。 お子さんに多いイメージですが、大人もなります。 <なぜ、あせもができるのでしょうか?> それは、汗をかいたままにしていると 汗の成分の塩分やほこりで汗の通り道が塞がれてしまい、 皮膚の内側にたまり、炎症を起こします。これが痒みの原因になります。 ちなみに汗をかかない犬はあせもにはなりません。 <あせもの予防と治し方...

6月から皮膚科もやります

    皮膚科必須の顕微鏡 これで水虫、けじらみなどを診断します ] 皮膚科の聴診器といえる「ダーモスコピー」 皮膚の組織をみます。   <たけしファミリークリニックでは6月から皮膚科を標榜科目に追加します。> といっても診療自体は今と大きく変わりません。 「なんでも診る」という中に当然皮膚科は入っていましたから。 新しく皮膚科の医師がくるのではなく、私がしっかり診...

アトピー性皮膚炎でのステロイドの使い方(こんな時は皮膚科へ!)

冬は肌が乾燥してくる季節ですね。 このごろ、「単なる乾燥肌なのか?あるいはアトピー?」という質問がよくあります。 乳幼児のアトピーの診断は結構難しくて生後4カ月にアトピーと診断された80%が 1歳6か月には症状はまったくなくなってしまったり、あるいは3歳児にアトピーと 診断された60%に4カ月では症状がなかったというデータがあります。 乳幼児はそう簡単には診断できないものなのです。 しかし、肌の治...
1 2

受付について

受付方法は2つあります

    午前診療 午後診療
1 ネット受付もしくは電話予約をご利用になる場合 06:00~11:30 12:30~17:30
2 直接窓口へお越しになる場合 08:45~12:00 14:55~18:00
  • 上記いずれかご都合のよろしい方法をご利用ください。
  • ご利用いただけるのは当日のみです。午前から午後診療分の受付はできません。
  • 受付時間内に受付された方の診療が終わるまで診療は続いています。キャンセルの場合はお手数でもご連絡をお願いします。

たけしファミリークリニック

たけしファミリークリニック
予約

050-5578-4993
(予約専用)

お問合せ

047-465-1192

診療科目 内科・小児科・アレルギー科
(救急は専門に問わず診療します)
アクセス 東葉高速線「船橋日大前駅」西口から徒歩12分
東葉高速線、新京成線 「北習志野駅」徒歩12分
所在地 千葉県船橋市習志野台6-3-25
© TAKESHI FAMILY CLINIC