ブログBLOG

周期性発熱症候群 しょっちゅう咽頭炎を繰り返すお子さんへ

今回は「PFAPA症候群」というあまり聞いたことがない病気についてお話します。

多くの方にとって聞いたことがない病名だ思います。。でも結構この疾患のお子さんが多いのです。

症状は毎月のように高熱が4~5日続き、咽頭炎を繰り返します。

PFAPAはPeriodic fever(周期性発熱)・aphthous stomatitis(アフタ性口内炎)・pharyngitis(咽頭炎)・

cervical adenitis(頸部リンパ節炎)の略です。

PFAPA症候群という病気は、周期性発熱・アフタ性口内炎・咽頭炎・頚部リンパ節炎の4つの主症状があります。

その原因はまだはっきりわかっておりません。

PFAPA症候群は、5歳以下で発症することが多く、約1か月に1回の頻度で反復する発熱を認め、

発熱期間は約5日程度、40度近い熱が出ます。

咽頭炎・口内炎・頸部リンパ節炎などの症状があり、ほとんど場合は咽頭炎と診断されます。

抗生剤ではなくてステロイドによってすぐに熱が下がります。

重い合併症は少なく、小児期に自然寛解することが多く、家族の半数で反復する発熱・扁桃摘出術をした人がいます。

約1か月に1度、周期的に熱がある場合はPFAPA症候群を疑う必要があります。

治療法は、大きく3つ挙げられます。一つ目は胃酸抑制薬(シメチジン内服)で半数に有効とされ、発熱をだす

ことが少なくなります。。

二つ目はステロイド薬ですが、すぐに熱は下がりますが周期が短くなるデメリットがあります。

三つ目は扁桃摘出術で100%近い効果がありますが、全身麻酔下で手術になります。

まだ医療者側にも認知が少ない病気なのでもし症状が該当する方や心配な方がおられましたら、

お気軽にご相談ください。

 

 

受付について

受付方法は2つあります

    午前診療 午後診療
1 ネット受付もしくは電話予約をご利用になる場合 06:00~11:30 12:30~17:30
2 直接窓口へお越しになる場合 08:45~12:00 14:55~18:00
  • 上記いずれかご都合のよろしい方法をご利用ください。
  • ご利用いただけるのは当日のみです。午前から午後診療分の受付はできません。
  • 受付時間内に受付された方の診療が終わるまで診療は続いています。キャンセルの場合はお手数でもご連絡をお願いします。

たけしファミリークリニック

たけしファミリークリニック
予約

050-5578-4993
(予約専用)

お問合せ

047-465-1192

診療科目 内科・小児科・アレルギー科
(救急は専門に問わず診療します)
アクセス 東葉高速線「船橋日大前駅」西口から徒歩12分
東葉高速線、新京成線 「北習志野駅」徒歩12分
所在地 千葉県船橋市習志野台6-3-25
© TAKESHI FAMILY CLINIC