婦人科Gynecology

更年期障害とは

更年期障害

「閉経」とは、卵巣の活動性が次第に消失し、ついに月経が永久に停止した状態をいいます。月経が来ない状態が12か月以上続いた時に、1年前を振り返って閉経としています。日本人の平均閉経年齢は約50歳ですが、個人差が大きく、早い人では40歳台前半、遅い人では50歳台後半に閉経を迎えます。
閉経前の5年間と閉経後の5年間とを併せた10年間を「更年期」といいます。更年期に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います。
更年期障害の主な原因は女性ホルモン(エストロゲン)が大きくゆらぎながら低下していくことですが(図1)、その上に加齢などの身体的因子、成育歴や性格などの心理的因子、職場や家庭における人間関係などの社会的因子が複合的に関与することで発症すると考えられています。

どんな症状がありますか?

更年期障害の症状は大きく3種類に分けられます。

① 血管の拡張と放熱に関係する症状
  • ほてり
  • のぼせ
  • ホットフラッシュ
  • 発汗など
② その他のさまざまな身体症状
  • めまい
  • 動悸
  • 胸が締め付けられるような感じ
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰や背中の痛み
  • 関節の痛み
  • 冷え
  • しびれ
  • 疲れやすさなど
③ 精神症状
  • 気分の落ち込み
  • 意欲の低下
  • イライラ
  • 情緒不安定
  • 不眠など

更年期障害の特徴の一つは症状が多彩なことですが、これらが他の病気による症状ではないことを確認する必要があります。

どんな治療法がありますか?

更年期障害は身体的因子・心理的因子・社会的因子が複雑に関与して発症しますので、まず十分な問診を行うことが必要です。その上で生活習慣の改善や心理療法を試み、それでも改善しない症状に対して薬物療法を行います。
更年期障害の薬物療法は大きく3つに分けられます。

① ホルモン補充療法(HRT)

更年期障害の主な原因がエストロゲンのゆらぎと減少にあるため、少量のエストロゲンを補う治療法(ホルモン補充療法:HRT)が行われます。HRTは、ほてり・のぼせ・ホットフラッシュ・発汗など血管の拡張と放熱に関係する症状に特に有効ですが、その他の症状にも有効であることがわかっています。エストロゲン単独では子宮内膜増殖症のリスクが上昇するため、子宮のある方には黄体ホルモンを併用します(エストロゲン・黄体ホルモン併用療法)。手術で子宮を摘出した方には、黄体ホルモンを併用する必要はありません(エストロゲン単独療法)。HRTに用いるホルモン剤には飲み薬、貼り薬、塗り薬などいくつかのタイプがあり、またその投与法もさまざまです(図2)。よく話し合いながら、その人に合った最適な治療法を選択していきます。HRTに関しては、一時乳がんなどのまれな副作用が強調される傾向にありました。しかし最近になって、更年期にHRTを開始した人では心臓・血管の病気や骨粗鬆症など老年期に起こる疾患が予防できるという利点が、再び見直され始めています。

② 漢方薬

漢方薬はさまざまな生薬の組み合わせで作られており、全体的な心と体のバランスの乱れを回復させる働きを持ちます。多彩な症状を訴える更年期女性に対しては、「婦人科三大処方」とも呼ばれる当帰芍薬散・加味逍遥散・桂枝茯苓丸を中心に、さまざまな処方が用いられます。比較的体力が低下しており、冷え症で貧血傾向がある方に対しては当帰芍薬散を、比較的体質虚弱で疲労しやすく、不安・不眠などの精神症状を訴える方に対しては加味逍遥散を、体力中等度以上でのぼせ傾向にあり、下腹部に抵抗・圧痛を訴える方に対しては桂枝茯苓丸を、それぞれ処方します。

③ 向精神薬

気分の落ち込み・意欲の低下・イライラ・情緒不安定・不眠などの精神症状が最もつらい症状である場合には、抗うつ薬・抗不安薬・催眠鎮静薬などの向精神薬も用いられます。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)などの新規抗うつ薬は副作用も少なく、またほてり・発汗など血管の拡張と放熱に関係する症状にも有効であることが知られています。
女性の平均寿命が90歳に近づきつつあるわが国において、更年期は人生の折り返し地点です。この時期に起きる様々な問題をかかりつけ産婦人科医と二人三脚で上手に乗り越えて、第2の人生を明るく幸せに過ごしましょう!

低用量ピルを服用前、服用中の検査のご案内

ピル

低用量ピルのメリット
  • 1.確実な避妊ができます。

    99.8%以上の避妊効果があります。コンドームは破れてしまう、抜けてしまう等のハプニングがつきものです。でもその点、低用量ピルは「女性が自分自身で避妊をすることができる」唯一の方法です。

  • 2.月経痛が軽くなります。

    女性の8割が感じている月経痛。ピルを服用した女性のほとんどが「もっと早くピルを飲み始めれば良かった」とおっしゃいます。受験や大切な面接を控えていらっしゃる方などは、なるべく早めに、遅くともその予定の3か月前からはピルを飲み始めることをお勧めします。

  • 3.月経の量が減って、日数も短くなります。

    月経の期間は2〜4日に短縮します。貧血の治療にも効果があります。

  • 4.月経の周期が安定して、確実に28日周期になります。

  • 5.月経前の体調不良が改善します。

    月経前のイライラや頭痛などの症状が改善します。

  • 6.月経の日を自由にコントロールできます。

    月経の開始日が確実に分かるので便利!月経の開始日の調整もかんたんにできます!

  • 7.ニキビ・多毛症に効果があります。

    男性ホルモンの産生、活性を抑制するため、『大人のニキビ』には非常に効果があります。

  • 8.不妊症や生理痛の原因となる、子宮内膜症を予防することが出来ます。

  • 9.子宮体ガン・卵巣ガン・大腸ガンの予防が報告されています。

低用量ピル(OCやLEP)を服用している方に、副作用チェックを行っております。

服用開始前
  • OCチェックシート
  • OCスクリーニング検査(血液検査)
  • 血圧測定
服用開始後初回再診
(低用量ピル開始3週間目を目安に)
  • OCスクリーニング検査(血液検査) (以後1年ごと)
来院、処方の際
  • 血圧測定

これはOCによる重篤な副作用である血栓症や血管障害を未然に防ぐ目的で、当院で処方しているすべての患者さんに行って頂いています。

OCチェックシートでは、OC服用禁忌、または慎重に服用しなければならない方たちをチェックします。

OCスクリーニング検査は、血液一般(貧血や血小板など)、血液凝固機能、肝機能、腎機能、脂質、電解質などを血液検査します。
血液凝固機能は「Dダイマー」という検査項目と、服用開始前は「PT」「APTT」という項目も検査します。
なお、Dダイマーはスクリーニング検査で行う場合、自費(500円、税別)となります。
脂質異常症は高脂血症と呼ばれていました。コレステロールが高い方がピルを服用すると、血栓症のリスクが高まります。

また血圧測定ですが、院内待合室にある自動血圧計を利用して頂いています。
血圧計で上手く測れない方は、スタッフがお手伝いしていますので、遠慮無くお申し出下さい。

  • 以前、ピルの成分で過敏な反応が出たことがある。
  • 乳癌や子宮内膜癌などのエストロゲン依存性悪性腫瘍がある。もしくは、その疑いがある。
  • 子宮頸癌がある。もしくは、その疑いがある。
  • 異常性器出血があり、診断が確定していない。
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患がある。
    もしくは、過去にこれらの病気になったことがある。
  • 1日15本以上喫煙し、年齢が35歳以上。
  • 偏頭痛があり、「視界にチカチカした光が出てきて、光が拡大してギザギザした光となり、中心が見えにくくなる」といった視野の異常が見られる。
  • 心臓弁膜症があり、肺高血圧症や心房細動が見られる。
  • 心臓弁膜症があり、以前、亜急性細菌性心内膜炎になったことがある。
  • 糖尿病があり、糖尿病性腎症や糖尿病性網膜症になっている。また既往の方。
  • 血栓ができやすい体質。SLEの方。
  • 抗リン脂質抗体症候群である。
  • 4週間以内に手術を予定している。
  • 手術を受けてから2週間以内。
  • 産後4週間以内。
  • その他、長い間安静状態にしている。
  • 肝臓に重篤な障害がある。
  • 肝臓に腫瘍がある。
  • 脂質代謝に異常がある。
  • 高血圧である(軽度の場合は除く)。
  • 耳硬化症がある。
  • 妊娠中の、黄疸や持続的なかゆみや妊娠ヘルペスになったことがある。
  • 妊娠している。もしくは、その可能性がある。
  • 現在、授乳をしている。
  • 現在、身長が伸びている。
  • BMI30以上の肥満の方。
  • 50歳以上・閉経後の方。
  • 40歳以上で当院もしくは他院でのピル処方歴が、直近一ヵ月以内にない方(初診含む)

※上記以外でも、医師が処方に適さないと判断した場合は、処方できないことがございます。

当院で取り扱っている対象となるお薬

OC(経口避妊薬)(自費)
  • トリキュラー
  • マーベロン
  • ファボワール
  • ラベルフィーユ
LEP(低用量ピル)(保険)
  • ルナベルULD
  • ルナベルLD
  • フリウェルULD
  • フリウェルLD
  • ヤーズ
  • ヤーズフレックス
  • ジェミーナ フリエル

またウィメンズヘルスケアの一環として、婦人科検診である子宮がん検診や超音波検査、乳がん検診も、少なくとも1年に1回、行っていだくよう、ご案内致します。

さらにピルの服用は、乳がんのリスクを高める可能性があるため、乳がん検診も欠かせません。

ピル以外のホルモン治療(内服薬や注射)を長期にわたって行われている場合にも、同様の検査をお勧めしています。

たけしファミリーブログ コロナ関連

たけしファミリーブログ

  • 緊急対応について
  • 予防接種
  • 乳幼児健診
  • 成人検診

外来医師スケジュール表

外来医師スケジュール表

かもめ
かもめ
雲

受付について

受付方法は2つあります

    午前診療 午後診療
1 ネット受付もしくは電話予約をご利用になる場合 06:00~11:30 12:30~17:30
2 直接窓口へお越しになる場合 08:45~12:00 15:15~18:00
  • 上記いずれかご都合のよろしい方法をご利用ください。
  • ご利用いただけるのは当日のみです。午前から午後診療分の受付はできません。
  • 受付時間内に受付された方の診療が終わるまで診療は続いています。キャンセルの場合はお手数でもご連絡をお願いします。

たけしファミリークリニック

たけしファミリークリニック
予約

050-5578-4993
(予約専用)

お問合せ

047-465-1192

診療科目 内科・小児科・アレルギー、喘息、アトピー外来
(救急は専門に問わず診療します)
アクセス 東葉高速線「船橋日大前駅」西口から徒歩12分
東葉高速線、新京成線 「北習志野駅」徒歩12分
所在地 千葉県船橋市習志野台6-3-25
© TAKESHI FAMILY CLINIC