アレルギー科ALLERGY

アレルギー科

アレルギー科

気管支ぜん息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患は小児期に多くみられ、年齢が進むとともに、発症するアレルギー疾患が移行する特徴(アレルギーマーチ)があります。

たけしファミリークリニックでは、アレルギー物質により目・鼻・耳・皮膚・気管支などに現れるさまざまな症状に対して、診断・治療を行っています。エピペンの処方も可能です。

スギ花粉舌下免疫療法

適応年齢
スギ花粉の舌下免疫療法は12歳からが適応となります。11歳までの小児には保険適応での治療ができません。
高齢者のかたは、適応外ではありませんが、効果のある方の割合がやや少なくなると予想されます。
また、毎日の舌下投与を4年以上行ないますので、スギ花粉症の時期に数ヶ月間の治療を繰り返すのがよいか、あるいは、毎日舌下免疫療法をするのがよいかをよく考えてください。
開始時期
花粉飛散が始まる直前に治療を開始すると効果がでないだけでなく、安全性にも問題があります。
遅くとも12月末までに開始する必要があります。また、効果がでるまでに3ヵ月程度必要ですので、1年目に効果を期待するには11月中旬までには開始したいです。花粉飛散が終了して落ち着かないと開始できないため、スギとヒノキの花粉飛散が終わって1ヵ月程度経過した5月末頃まで開始できません。
治療開始は6月から11月中旬までが理想的で、遅くとも12月末までとなります。
服用方法
シダトレンという名前のスギ花粉を抽出した薬が発売されました。舌下(舌の裏)にこの液を滴下します。
舌下に保持したまま2分間そっとしておき、その後に飲み込みます。これを最初の2週間で量を増やしていき、3週目からは同じ量の薬を毎日舌下投与します。1回目の舌下投与は医療機関で行ないますが、以降は毎日自宅で行ないます。
料金
医院での治療費と薬局での薬代と合わせて1ヵ月あたり2,000~2,500円程度の負担(保険適応3割負担の場合)になります。
スギ花粉の飛散時期だけでなく1年を通じて治療をしますので毎月ほぼ同額の治療費となります。また、治療開始前の検査や1年に1回程度の検査が必要となり、その際にも5,000円程度の検査費負担がかかります。
舌下免疫療法を行っていてもスギ花粉が飛散する時期に症状がでる可能性があります。その場合にも症状を抑える薬代などが必要になります。
しかし、舌下免疫療法を行うことにより、スギ花粉飛散期の症状が軽くなれば、これまでよりも症状を抑える薬の量が減る可能性もあります。
治療期間
舌下法でも注射法と同じく長期間の継続治療が必要です。
まずは、2年ほど舌下免疫療法を行い、効果を確認しましょう。そこである程度効果のある方には合計4~5年間の治療を勧めています。
治療効果
免疫療法は現状では唯一の花粉症を治し得る治療法とされています。
しかし、全員には効きません。おおよそですが、治療後の様子をうかがうと、治療を行った方の20%で花粉症が治癒し、30%以上でかなり楽になり花粉症薬の薬が激減した、20~30%で症状はあるが以前より楽と答えられます。
残念ながら10~20%では治療効果がありません。全体をみますと80%以上の方に効果があります。
皮下免疫療法のほうが舌下免疫療法より若干よい結果がでています。

ダニアレルギー

適応年齢
13歳から65歳までのダニアレルギーの方
服用方法
ミティキュアを1日1回舌の下に置き、1分そっとしておき、その後飲み込みます。これを最初の1週間は3,300JAU錠を、2週目からは10,000JAU錠を毎日舌下投与します。
1回目の舌下投与はクリニックで行いますが、以降は毎日自宅で行います。鼻炎の症状にかかわらず毎日3~5年間行います。
効果
即効性はありませんが、3ヶ月ほど続けることで効果が徐々に出てきます。
  • 1.くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善
  • 2.目のかゆみの改善
  • 3.アレルギー治療薬の減量が期待できます
    (ミティキュア舌下免疫療法中もアレルギー治療薬が必要になることもあります)
治療成績
治療を行った方の20%:症状が出なくなります。
60%の方:症状が軽くなります。
残念ながら20%の方では治療効果がありません。
料金
舌下免疫療法の薬代は、1年間でシダトレンで11,000円、ミティキュアで20,000円程度(3割負担の場合)です。これに加えて、診察料や処方料(当院は現在のところ院内処方です)が必要です。
また、症状がひどい時に追加で服用する抗アレルギー剤が必要な場合があります。
途中で中断された場合は?
再開はできますが、中断の期間によっては最初の投与量からとなります。濃い濃度の薬でいきなり再開すると副作用が出やすくなるからです。
シダトレン・ミティキュアとも、一般的には維持期に達していれば、2週間程度の休薬は問題ないとされています。数日程度であれば旅行や出張にまで持参して服用する必要はないということです。
一か月以上服薬しない期間が続いた際は、あらためて初めからリセットしたほうが安全と思われます。
  • 緊急対応について
  • 予防接種
  • 乳幼児健診
  • 成人検診

たけしファミリーブログ

求人案内

かもめ
かもめ
雲

受付について

受付方法は2つあります

    午前診療 午後診療
1 ネット受付もしくは電話予約をご利用になる場合 06:00~11:30 12:30~17:30
2 直接窓口へお越しになる場合 08:45~12:00 14:55~18:00
  • 上記いずれかご都合のよろしい方法をご利用ください。
  • ご利用いただけるのは当日のみです。午前から午後診療分の受付はできません。
  • 受付時間内に受付された方の診療が終わるまで診療は続いています。キャンセルの場合はお手数でもご連絡をお願いします。

たけしファミリークリニック

たけしファミリークリニック
予約

050-5578-4993
(予約専用)

お問合せ

047-465-1192

診療科目 内科・小児科・アレルギー科
(救急は専門に問わず診療します)
アクセス 東葉高速線「船橋日大前駅」西口から徒歩12分
東葉高速線、新京成線 「北習志野駅」徒歩12分
所在地 千葉県船橋市習志野台6-3-25
© TAKESHI FAMILY CLINIC